岐阜大学工業倶楽部関東支部規約(2011.6.12改定)

 

第1条 (名称及び事務所)

本会は岐阜大学工業倶楽部規約第14条に基づき設置するもので、岐阜大学工業倶楽部 関東支部(略称:岐阜T関東、以下本会)と称する。

連絡事務所は会計宅とする。       

第2条 (会員)

本会は次の会員で組織する。

関東支部会員:岐阜大学工学部、大学院工学研究科、旧岐阜大学工業短期大学

およびその前身学校の出身であって、関東地区(東京都、神奈川県、

千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県)に在住または勤務するか、

その経験のあるもの及びこの地域で事業を営むものとする。

正会員 :関東支部会員で、かつ年会費を納入したものとする。

なお、関東地区以外に勤務、在住する入会希望者は、役員会の承認を

得て、正会員に加えるものとする。

特別会員:母校の元教員で、関東地区に在住するものとする。

賛助会員:本会の目的、行事に賛同する個人または法人で役員会の承認を得たもの

とする。

第3条 (目的)

本会は会員相互の親睦・交流を図るとともに情報交換、技術交流を推進し、母校の隆盛

と工業の発展に寄与することを目的とする。

第4条 (事業)

第3条の目的を達成するために次の事業を行う。

1.総会の開催

2.講演会、見学会、懇親行事の開催

3.会報の発行

4.会員情報の収集と管理

5.岐阜大学工業倶楽部本部事業への協力と提案

6.その他必要なこと

第5条 (役員)

本会は支部長1名、副支部長1名、幹事若干名、会計1名、会計監査2名、事務局長1名

及び副事務局長1名の役員を置き、会務を処理する。

なお、役員会の承認を得れば役員の兼任は妨げないものとする。

第6条 (役員の任務)

支部長は本会を代表し、本会の会務を統括する。

副支部長は支部長を補佐し、支部長に事故あるときはこれに代わる。

幹事は支部長を補佐し、会務を分掌する。実務は委員会を設置して行う。詳細は別に

定める。

会計は本会の会計を分掌する。

会計監査は本会の経理を監査する。

事務局長は本会の会務事務を統括する。

副事務局長は事務局長を補佐し、事務局長に事故あるときはこれに代わる。

第7条 (役員の選出と任期)

役員は役員会で選考し、総会に推薦の上、承認を得る。

役員の任期は2年とし再任は妨げない。

第8条 (顧問)

退任した役員のうちから役員会で顧問を選任し、本会に置くことができる。   

第9条 (会議)

総 会:毎年1回開催する。支部長が議長を務め、事務局長は前年度の事業報告、

会計報告と新年度の事業計画、予算その他重要事項を報告し、承認を受ける。

総会の議決は出席者の過半数の賛成を以って決定する。

役員会:支部長、副支部長、幹事、事務局長、副事務局長、会計及び会計監査で構成し、

事務局長が議長を務める。規約の改定など重要事項を審議する。

10条 (会計及び事業年度)

本会の年度は毎年61日に始まり、翌年の531日に終る。

11条 (会費)

本会の経費は 年会費、本部交付金、行事開催時に徴収する臨時会費、賛助会員

入会金、寄付金及びその他の収入をもって充てる。   

会費の額は役員会で決定するものとし、会員は遅滞無くこれを納入するものとする。

12条 (規約の改廃)

本規約の改廃は、事務局長が総会に諮り、出席者の過半数の賛成により決定する。

13条 (附則)

1.本規約に定めなき事項については、役員会において決定する。

2.本規約は2011612日の第4回総会にて承認、改定。

 

岐阜大学工業倶楽部関東支部規約細則(2011.6.12改定)

 

1.総会      a)    原則として1/年開催するものとする。

但し役員会で決定すれば臨時総会を開催できるものとする。

b)総会に合わせて出来る限り講演会、懇親会を開催するものとする。

2.役員会

イ)開催時期       a)事務局長の召集により、原則として3/年開催するものとする。

但し事務局長が認めた場合は臨時役員会を開催できる。

ロ)役員会成立条件 a)役員の過半数の出席を要する。

3.会報の発行    a)  原則として1/年以上発行するものとする。

 b)  会報発行はメールおよびホームペ-ジ掲載を原則とする。

ただし、会員の申し出があれば郵送を行うものとする。

4.委員会等

イ) 任務の円満な推進を図るため下記委員会を役員会の下部組織として設置する。

名称

主たる任務

委員長

副委員長・委員

総務委員会

a)総会開催取り纏め

 ・役員改選

 ・事業報告および事業計画書の作成

 ・その他会則の改廃の取り纏め

など総会報告事項の取り纏め

b)役員会開催取り纏め

事務局長

委員長が任命する。

名簿委員会

a)会員情報の収集と名簿管理

b)入会の勧誘

役員会にて幹事より互選

学科で代表を選出し委員長が任命する。

財務委員会

a)年会費及び入会金の徴収と管理

b)行事開催時における臨時会費の徴収と管理

c)予算、決算報告書の作成

d)金銭出納及び通帳の管理

e)本部交付金、寄付金及びその他収入の管理

役員会にて幹事より互選

委員長が任命する。

行事委員会

a)講演会、見学会、懇親会、その他行事の

企画及び開催(但し総会を除く)

b)行事の開催案内状送付と出欠管理

役員会にて幹事より互選

委員長が任命する。

会報委員会

a)会報の編集、発行、発送の取り纏め

b)ホームページの管理業務、ホームページの

管理者

役員会にて幹事より互選

委員長が任命する。

 

ロ) 各委員会の開催時期は委員長が決定する。

ハ) 各委員の任期は2年とし、再任は妨げない。

ニ)  必要に応じて期限付きのプロジェクトチームを設置することができる。

5.顧問

顧問は支部長の要請に応じて特命事項を担当し、任期は2年以内とする。

 

6.休会

正会員で海外駐在、留学、病気その他特別の事由が発生した場合は届出により休会を認める。

 

7.会費

)規約第10条に定める会費は下記とする。

 

 

入会金()

年会費()

臨時会費

正会員

   -

2,000

行事毎に役員会で決定

特別会員

   -

   -

      同上

賛助会員  個人

3,000

3,000

      同上

        法人

3,000

30,000

      同上

)いったん納入された会費、入会金は理由の如何を問わず返却しない。

ハ)正会員で年会費を3年間滞納したものは正会員の資格を失う。但し、事前に休会の届出をしたものはその限りではない。

ニ)正会員に対し本会の発行する会報を無償で提供する。

附則

本細則は2011612日 規約改定の発効を以って施行。